沖縄総合事務局開発建設部(以下、「開発建設部」という。)では、行政情報の電子化、 公共事業への情報技術導入の動向を受けて、開発建設部発注の公共事業にCALS/ECの計画的な 導入を図るべく、開発建設部CALS/EC等推進検討会(以下、「推進検討会」という。)を設置し、 鋭意推進しているところである。これまでの検討推進会の組織変更及び各年度の主な取組みは、 以下のとおりである。

表1 推進検討会の組織の変更
年 度 変更内容
平成11年度  ・「建設CALS/EC推進検討会」を組織
 ・下部組織として5つの作業班(WG)を設置
  (設計積算、入札契約、工事施工、維持管理、環境整備のWG)
平成13年度  ・平成13年1月の省庁再編に伴い、「建設CALS/EC推進検討会」の名称を
  「開発建設部CALS/EC推進検討会」に変更し、開発建設部内の建設事業と
  港湾・空港事業の連携を強化
平成14年度  ・「開発建設部CALS/EC推進検討会」の名称を「開発建設部CALS/EC等
  推進検討会
」に変更
 ・「情報システムWG」を設置
平成16年度  ・作業班(班長)の廃止 → 作業部会の設置(事務局が作業部会を召集)


 規約
 H19までの開発建設部CALS/EC等推進検討会の取り組み

年 度 取り組みの重点

平成11年度

開発建設部CALS/EC推進検討会設立(会員名簿)
「沖縄総合事務局版建設CALS/EC整備基本構想」策定
  「沖縄総合事務局版CALS/ECアクションプログラム(概略版)」策定


平成12年度

「沖縄総合事務局版CALS/ECアクションプログラム(詳細版)」策定
  情報共有システム構築
実証フィールド実験の開始


平成13年度

CADソフトウェアの導入
電子納品に係わる要領/基準/ガイドラインの整備
電子入札のスケジュールの改訂
共通仕様書の一部改訂(設計・調査、工事施工対象)
実証フィールド実験の拡大


平成14年度

電子入札の一部実施(工事:10件)とフォローアップ
電子納品の一部実施(業務:115件、工事:20件)とフォローアップ
実証フィールド実験の実施
「沖縄総合事務局版CALS/ECアクションプログラム」の改訂

CALS/ECの普及・広報活動の充実(ホームページのリニューアル)

 電子納品等説明会 資料


平成15年度

電子入札実施拡大(業務26件、工事37件)
電子納品の実施拡大(業務246件、工事20件)
実証フィールド実験の拡大

平成16年度

電子入札を全ての業務、工事で実施
電子納品の実施拡大(全業務,(工事 6千万円以上))
実証フィールド実験の継続 (ASPの試行活用)


平成17年度

電子入札を全ての業務、工事で継続実施(H16より)
実証フィールド実験の継続(ASPの試行活用)
電子納品を全ての業務、工事で実施
平成18年度
電子入札を全ての業務、工事で継続実施
電子入札入札説明書電子的提供(ダウンロード)一部運用開始
実証フィールド実験の拡大(新システムRev1.1導入)
電子納品の継続
道路完成図等作成要領(案)に基づく電子納品の運用開始
開建部CALS/EC等AP2006策定
平成19年度
電子入札を全ての業務、工事で継続実施
電子入札入札説明書電子的提供(ダウンロード)一部運用継続
物品・役務等について一部運用開始
情報共有システム(新システムRev1-1)全工事で実施
電子納品の継続
道路完成図等作成要領(案)に基づく電子納品の継続