沖縄みなとオアシス

本部(もとぶ)海洋まつりで「みなとオアシス」登録証を授与しました。

平成21年7月19日(日)、20日(月)の両日、第36回本部海洋まつりが、本部町の谷茶(たんちゃ)公園及び渡久地港(とぐち)で開催されました。

7月19日に行われた、オープニングでは「みなとオアシスもとぶ」の登録証授与が行われ、竹澤正明沖縄総合事務局長から高良本部町長(たから もとぶちょうちょう)に登録証が手渡されました。

「みなとオアシスもとぶ」は、古くから那覇と北部を結ぶ「みなと」として栄えてきた「本部港(本部地区、渡久地地区)やクロワッサンアイランドとして知られる水納島(みんなじま)の玄関口「水納港」で構成されており、地域の交流拠点となることを目的としています。今年も本部海洋まつりでは、多くの住民や観光客が参加し、多彩なイベントで賑わいました。

本部(もとぶ)海洋まつりの授与式典1

本部(もとぶ)海洋まつりの授与式典2