• 「沖縄総合事務局メールマガジン」平成29年2月8日(水)
  •  内閣府 沖縄総合事務局 開発建設部 河川課・流域調整課
  • ========================================
  • うちなーみじ
  •     沖 縄 水 ニュース (第567号)
  • ========================================
  • ※沖縄の方言で、沖縄は「ウチナー」、水は「ミジ」といいます。
  • ********************************************************************************
  • 【見出し一覧】
  • ◆ダム定期検査を実施
  • ◆『羽地尋常高等小学校羽地大川分教場』の絵の寄贈
  • ◆羽地ダム環境ネットワーク協議会を開催
  • ◆漢那ダムライトアップについて
  • ◆TEC-FORCE(緊急災害対策派遣隊)の紹介
  • --------------------------------------------------------------------------------
  • ◆ダム定期検査を実施
  • ○ダム定期検査とは、ダムの維持、操作その他の管理状況について3年に1度の割合で行
  •  われる検査です。
  • ○定期検査は土木、機械、電気の各専門家職員(沖縄総合事務局本局の職員)で構成された
  •  検査チームにより行われます。
  • ○今年度は平成28年10月に安波ダム、平成29年1月に漢那ダム、羽地ダムで定期検
  •  査を実施しました。
  • ○定期検査の結果を踏まえ、今後もダムの機能が十分発揮できるよう適正なダム管理に努
  •  めてまいります。
  • (沖縄総合事務局 北部ダム統合管理事務所)
  • --------------------------------------------------------------------------------
  • ◆『羽地尋常高等小学校羽地大川分教場』の絵の寄贈
  • ○羽地ダム湖面にかかる「またきな大橋」から上流約600mの場所に、1944年まで
  •  羽地尋常高等小学校羽地大川分教場があったことをご存じですか?
  • ○この度、同分教場出身の崎浜氏から「校舎の写真もないため、この絵で当時の歴史を感
  •  じてほしい」、「羽地ダム資料館で役立ててほしい」とのお言葉を頂きました。
  • ○羽地ダム管理支所では、資料館で展示を行い羽地地域の歴史を紹介する資料として活用
  •  してまいります。
  • (沖縄総合事務局 北部ダム統合管理事務所)
  • --------------------------------------------------------------------------------
  • ◆羽地ダム環境ネットワーク協議会を開催
  • ○平成28年12月16日(金)に、羽地ダム流域の良好な自然環境を維持するため、不法
  •  投棄防止を目的とした「第7回羽地ダム環境ネットワーク協議会」を開催しました。
  • ○合同パトロールにより、過去に不法投棄が確認された場所を重点的に状況確認を行った
  •  後、会議では今後も、不法投棄の防止に向けた活動を行っていくこと、不法投棄抑止効
  •  果を高める監視カメラや不法投棄看板の設置場所等について調整・協力していく事など
  •  を確認しました。
  • (沖縄総合事務局 北部ダム統合管理事務所)
  • --------------------------------------------------------------------------------
  • ◆漢那ダムライトアップについて
  • ○平成28年「第4回ぎのざ村観光デジタルフォトコンテスト」において、漢那ダム堤体の
  •  夜景を撮影した写真が銀賞に選ばれました。
  • ○漢那ダムでは下記の期間、通信鉄塔のライトアップを予定しています。
  •  @12月〜1月までと夏休み期間中の毎週土日
  •  A12/24〜1/3までは毎日
  •  BGW期間中
  •  Cダム祭り実施日
  •  D宜野座村の主要な行事期間中
  • ○昼間のダムとは違う夜のダムの魅力を是非ご堪能ください。
  • ※北部ダム統合管理事務所の記事は、HP掲載の広報誌(H29年2月号)で確認できます。  http://www.dc.ogb.go.jp/toukan/
  • (沖縄総合事務局 北部ダム統合管理事務所)
  • --------------------------------------------------------------------------------
  • ◆TEC-FORCE(緊急災害対策派遣隊)の紹介
  • ○TEC-FORCE(緊急災害対策派遣隊)とは
  •  地震、津波、台風などの自然災害が起こった時に、いち早く災害現場に出動し、被災した
  •  自治体の情報収集・連絡、調査、復旧を支援します。
  •  沖縄総合事務局の中で、災害対応の専門技術を有する職員を主体に構成されています。沖
  •  縄県内における自然災害の他、全国で自然災害が発生した場合にも出動します。
  • 活動内容
  •  TEC-FORCEは、リエゾンが集めた被災地の被害情報や支援ニーズをもとに派遣され、調査
  •  や応急復旧活動を行います。現地では実際に被災現場に入り、危険な箇所の調査や安全性
  •  の確認を行います。また、住民の方から、困っていることやしてほしいこと等の支援ニー
  •  ズの聞き取りも行います。
  • 自治体への主な応援・支援メニュー】 
  •  @防災ヘリコプターからの映像配信および被災地の映像提供
  •  A災害対策用機械(照明車、排水ポンプ車など)、通信機器(衛星通信車、Ku-satなど)、   資材(応急組立橋など)の貸付や派遣
  •  BTEC-FORCE(緊急災害対策派遣隊)等の被災調査支援、被災建築物応急危険度判定  
  •   C災害応急・復旧工法の技術的助言や支援など
  •  ※TEC-FORCE(Technical Emergency Control FORCE)リエゾン(Liaison、「つなぐ」
  •    という意味のフランス語で、被災自治体と沖縄総合事務局の間で、連絡調整を行うTEC-FORCE隊員)
  • (沖縄総合事務局 開発建設部防災課)
  • *******************************************************************************
  • *******************************************************************************