• 「沖縄総合事務局メールマガジン」平成29年10月11日(水)
     
    内閣府 沖縄総合事務局 開発建設部 河川課・流域調整課

  • ========================================
  • うちなーみじ
        沖 縄 水 ニュース (第575号)

  • ========================================
  • ※沖縄の方言で、沖縄は「ウチナー」、水は「ミジ」といいます。
  • ********************************************************************************
  • 【見出し一覧】
  • ◆「第11回安波ダム・クイナまつり」を開催!!
  • ◆辺野喜ダム総合点検 専門家検討会の開催
  • ◆大保ダムで駐在所施設機能移転訓練、県総合防災訓練を実施
  • ◆「水シンポジウム2017inおきなわ」の開催案内
  • ********************************************************************************
  • ◆「第11回安波ダム・クイナまつり」を開催!!
  • ○9月23日(土)に「森と湖に親しむ旬間」の一環として「第11回安波ダム・クイナま
     つり」が行われました。

  • ○まつり当日は午後からあいにくの雨となりましたが、約1,147人の方が来場され、多く
     の皆様方にまつりを楽しんでいただきました。

  • (沖縄総合事務局 北部ダム統合管理事務所)
  • -------------------------------------------------------------------------------
  • ◆辺野喜ダム総合点検 専門家検討会の開催
  • ○9月27日(水)に『辺野喜ダム総合点検第2回専門家検討会』を開催しました。
  • ○ダム総合点検は、管理開始後30年を経過するダムにおいて、経年変化の状況等を総合的
     に調査の上、ダムの健全度を評価し、今後の維持管理方針等についてダム専門家の意見
     を踏まえて策定するものです。

  • ○今後は頂いた意見を参考に維持管理方針等の見直し修正を行い、長寿命化計画に反映し
     ていく予定です。

  • (沖縄総合事務局 北部ダム統合管理事務所)
  • --------------------------------------------------------------------------------
  • ◆大保ダムで駐在所施設機能移転訓練、県総合防災訓練を実施
  • ○9月1日(金)の防災の日に、大保ダムにおいて名護警察署による駐在所施設機能移転
     訓練が行われました。

  • ○訓練は、震度6弱の地震が発生し、駐在所施設が倒壊したとの想定で行われ、塩屋及び
     喜如嘉駐在所を大保ダム地域防災センター・学習資料館の一部に代替所を設置しました。

  • ○2日(土)は沖縄県総合防災訓練が実施され、災害により「北部地域が孤立した。」と
     いう想定で、被災者を陸上自衛隊ヘリで名護市の21世紀公園に搬送するため、大保ダ
     ムのヘリポートが使用されました。

  • ○大宜味村の担当者は、「なかなか訓練を行なう機会がなかった。今回大保ダムの協力に
     て訓練することができ有意義な訓練だった。」と話していました。

  • ○当事務所では、今後も関係機関との連携を図り、円滑な防災対応が行えるよう取り組ん
     でいきます。

  • ※北部ダム統合管理事務所の記事は、HP掲載の広報誌(H29年10月号)で確認でき
     ます。

  • (沖縄総合事務局 北部ダム統合管理事務所)
  • -------------------------------------------------------------------------------
  • ◆「水シンポジウム2017inおきなわ」の開催案内
  • ○沖縄における水と人々の生活との関係について議論し、今後の水との結びつきについて
     の提案を全国へ発信するため、「水シンポジウム2017inおきなわ」を開催します。

  • 開催日時:10月31日(火) シンポジウム (会場:タイムスホール)
         11月 1日(水) 現地見学会  (首里城、倉敷ダムなど)

  • ○<シンポジウム概要>
  • 【招待講演】 (50分)
     竹村公太郎 様(NPO法人日本水フォーラム代表理事・事務局長)
     「近代化における流域の崩壊、そして再生」

  • 【テーマ別分科会】 (120分)
     <第1分科会 会場 : 県庁講堂 280席>
     ●テーマ「雨から守る島人の暮らしと土 ー流域管理(治水・土砂)ー」
     ●コーディネーター 戸田祐嗣 水工学委員会河川部会長 名古屋大学 教授
     ●パネリスト
      大石 哲 神戸大学 教授
      大澤和敏 宇都宮大学 准教授
      石川秀夫 沖縄県河川課長
      益子直文 沖縄気象台次長

     
  • <第2分科会 会場 : タイムスホール 350席>
     ●テーマ「水と人とのやさしい関係」
     ●コーディネーター 神谷大介 土木学会西部支部沖縄会幹事 琉球大学准教授
     ●パネリスト
      外間 慎仁 ふくらしゃや自然体験塾代表
      新垣  哲 沖縄総合事務局北部ダム統合管理事務所長
      佐久本浩志 沖縄テレビ報道制作局報道部
      池村 浩明 漫湖水鳥・湿地センター

  • 【特別講演】(50分)
     中北英一 様 (京都大学防災研究所教授)
     「沖縄が実現してくれた夢の豪雨観測-雲の中を探る-」

  • (沖縄県河川課、沖縄総合事務局河川課)
  • *******************************************************************************
  • *******************************************************************************