• 「沖縄総合事務局メールマガジン」平成29年12月13日(水)
     内閣府 沖縄総合事務局 開発建設部 河川課・流域調整課

  • ========================================
  • うちなーみじ
        沖 縄 水 ニュース (第577号)

  • ========================================
  • ※沖縄の方言で、沖縄は「ウチナー」、水は「ミジ」といいます。
  • ********************************************************************************
  • 【見出し一覧】
  • ◆水質検討会を開催(水質調査等の目的を学ぶ)
  • ◆羽地ダムで職場体験(羽地中学校)を実施
  • ◆放送大学沖縄学習センターがダム見学(大保ダム・福地ダム)
  • ◆平成30年度河川砂防技術研究開発公募の開始
  • ********************************************************************************

  • ◆水質検討会を開催(水質調査等の目的を学ぶ)
  • ○11月29日(水)に『平成29年度北部ダム統合管理事務所水質検討会』を開催しま
     した。

  • ○水質検討会は、各ダムの経年的な水質挙動や貯水池の水質特性を理解して、日々の管理
     に役立てるとともに、最新のダム水質状況を把握し、水質調査データの品質を確保する
     ために実施しているものです。

  • ○今年もダム管理フォローアップ委員の盛下先生をお招きし、各ダムの水質状況について
     有意なアドバイスを頂きました。

  • ○今後もこの様な水質検討会を継続し、適正な水質管理を実施するとともに、各ダムの担
     当者が技術力の向上を図っていきたいと考えております。

  • (沖縄総合事務局 北部ダム統合管理事務所)
  • -------------------------------------------------------------------------------
  • ◆羽地ダムで職場体験(羽地中学校)を実施
  • ○羽地ダム管理支所において、11月20日(月)〜24日(金)(23日の勤労感謝の日を除く
     )、名護市立羽地中学校2年生の3名が職場体験の一環としてダム管理を体験しました。
  • ○生徒たちからは、4日間の職場体験を通して、「漏水観測する時の堤体内の階段がきつ
     かった」「ダムの役割を改めて知った」などの感想がありました。

  • ○今回の職場体験が3名の生徒たちの学習に活かされ、またダムへの関心を持つきっかけ
     になることを願っています。

  • (沖縄総合事務局 北部ダム統合管理事務所)
  • --------------------------------------------------------------------------------
  • ◆放送大学沖縄学習センターがダム見学(大保ダム・福地ダム)
  • ○放送大学沖縄学習センター23名の方が大保ダム・福地ダムの見学を行いました。

  • ○大保ダムではダムの概要等の説明、福地ダムでは沖縄県内の渇水の歴史等の説明をパネ
     ルを使って行いました。

  • ○参加者からは、「水の大切さを改めて考えさせられた」との感想がありました。
  • ○北部ダム統合管理事務所では、ダム見学の受け入れを行っていますので、ぜひ北部の各
  •  ダムを訪れてみてはいかがでしょうか。
  • ※北部ダム統合管理事務所の記事は、HP掲載の広報誌(H29年12月号)で確認できます。
    http://www.dc.ogb.go.jp/toukan/
  • (沖縄総合事務局 北部ダム統合管理事務所)
  • -------------------------------------------------------------------------------
  • ◆平成30年度河川砂防技術研究開発公募の開始
  • ○国土交通省では、水管理及び国土保全行政における技術政策課題を解決するため、産学
     のもつ先端的な技術を積極的に活用し、産学官連携による技術研究開発を促進すること
     を目的として、河川砂防技術研究開発公募の平成30年度新規課題の公募を12月1日
     より開始しています(締め切り:平成30年1月11日)。

  • ○平成30年度新規課題の公募を行う分野としては、「河川・水防災技術分野」、「海岸
     技術分野」、「地域課題分野(河川、砂防、河川生態)」、「流域計画・流域管理課題
     分野」の4分野で、 各分野において応募のあった課題については、有識者で構成され
     る委員会において審査を実施した上で、採択の可否を決定します。

  • ○詳細については、下記の国土交通省水管理・国土保全局HPに掲載されていますので、関
     心のある方は、是非この機会に活用をご検討ください。

  • (沖縄総合事務局 開発建設部河川課)
  • *******************************************************************************
  • *******************************************************************************