サイトマップ
ホーム / 平良港見聞録
hirarakou

平良港の沿革

平良港は古くは漲水港と呼ばれ、遠く明徳元年(1390年)の頃から、中山王朝も王府首里(沖縄本島)への貢物船が利用していた。

大正2年、西里在住の商人組合により突堤・荷揚場・道路が造成され、50トン程度のはしけの利用が可能になったが、第二次世界大戦後、戦災からの復興を急ぐためにははしけによる沖荷役では港勢の伸長にそぐわなくなり、当時の石原雅太郎市長は、電気・水道と共に平良市の三大事業として港湾築造を位置付け、昭和28年には、1,000トン級の船舶の接岸が可能な桟橋が完成した。さらに昭和33年、琉球政府により重要港湾に指定され、昭和41年までに防波堤築造や浚渫が完了、2,000トン級船舶の接岸が可能となった。

平良港の沿革

昭和47年の沖縄の本土復帰に伴い、平良港は平良市を港湾管理者とする港湾法上の重要港湾に指定され、 宮古圏の拠点港として、港湾整備五箇年計画に基づく整備事業が進められることとなった。これにより、物流機能の中心となる漲水地区においては、昭和51年に5,000トン級の大型船舶が利用可能な第3埠頭が完成、昭和57年には危険物の取り扱いを中心とする第1埠頭、昭和60年には10,000トン級のバースを含む物流の中心となる第2埠頭が完成している。また、遊漁船のための下里船だまり、離島定期船のための第4埠頭の整備も行われた。

さらに、昭和61年度からは平良港の第二期整備計画ともいうべき下崎地区の整備に着手し、下崎北防波堤、下崎西防波堤、及び都市機能用地の整備が進められ、平成20年5月には下崎地区ふ頭が供用開始された。

また、南側のトゥリバー地区においては、沖縄県のリゾート計画に対応した海洋性レクリエーション拠点を整備することとしてコースタルリゾート計画が策定され、平成5年に現地着工、平成9年度に親水性防波堤(340m)が完成。平成10年度にマリーナのビジターバースが設置されたことにより、平成10年10月にマリーナ部(一部)の供用が開始された。

ページの先頭に戻る
Copyright (C) Okinawa General Bureau, All Rights Reserved.