内閣府 沖縄総合事務局 北部国道事務所
トップページサイトマップお問い合せQ&Aご利用規約
 
 
 トップページ ≫ やんばる国道物語 - 王府時代の道(15世紀〜1879年)


やんばる国道物語


やんばる国道今むかし
王府時代の道
近代沖縄の道
琉球政府時代の道
復帰後の道
21世紀の道
やんばるの伝説を訪ねて
やんばるの文化碑めぐり
道に関する方言名
探索ガイドなるほどマップ

道に関する年表


 

やんばる国道物語

王府時代の道 (15世紀〜1879年)


(3/12)

宿次のルート

沖縄本島を 網羅 もうら する伝達ルート

 

伝達ルート
 

 王府時代に始まった 宿次 しゅくつぎ により、首里を中心に道路が整備されました。宿次のルートは次のようなものでした。

   沖縄本島を大きく 国頭方 くにがみほう (北部地域)、 中頭方 なかがみほう (中部地域)、 島尻方 しまじりほう (南部地域)に分け、それぞれ東海岸沿いにのびる宿道を 東宿 あがりじゅく 、西海岸沿いにのびる宿道を 西宿 いりじゅく といいました。
島尻方(本島南部地域)は東回りを 南風原之宿 はえばるのしゅく 、西回りを 真和志之宿 まわしのしゅく といいました。
 
早馬で公文書を届ける宿次の様子
『琉球の郵便物語』
   
@【 国頭方東宿 くにがみほうあがりじゅく
  西原 にしはら 宜野湾 ぎのわん 超来 ごえく 美里 みさと 金武 きん 久志 くし 羽地 はねぢ 大宜味 おおぎみ 国頭 くにがみ の各間切
  ※久志までは東海岸側で、久志から羽地で西海岸に至ります。
   
A【 国頭方西宿 くにがみほういりじゅく
  浦添 うらそえ 北谷 ちゃたん 読谷山 ゆんたんざ 恩納 おんな 名護 なご 本部 もとぶ 今帰仁 なきじん の各間切
  ※羽地へは名護より、大宜味から久志へは羽地より、 伊江島 いえじま へは本部より、 伊平屋島 いへやじま は今帰仁から届けました。
   
B【 中頭方東宿 なかがみほうあがりじゅく
  西原 にしはら 宜野湾 ぎのわん 中城 なかぐすく 具志川 ぐしかわ 勝連 かつれん 与那城 よなぐすく の各間切
   
C【 中頭方西宿 なかがみほういりじゅく
  浦添 うらそえ 北谷 ちゃたん 読谷山 ゆんたんざ 超来 ごえく 美里 みさと の各間切
   
D【 島尻方真和志宿 しまじりほうまわしのじゅく
  真和志 まわし 豊見城 とみぐすく 小禄 おろく 兼城 かねぐすく 高嶺 たかみね 真壁 まかべ 喜屋武 きゃん 摩文仁 まぶに の各間切
南部の西側をめぐって 摩文仁 まぶに 現糸満市 げんいとまんし )に至ります。
   
E【 島尻方南風原宿 しまじりほうはえばるのじゅく
  南風原 はえばる 大里 おおざと 佐敷 さしき 知念 ちねん 玉城 たまぐすく 東風平 こちんだ 具志頭 ぐしかみ の各間切
このように南北ともに西回りと東回りがあり、本島くまなく がれるしくみとなっていました。
   
  宿次の道筋と間切
  宿次の道筋と間切
   

やんばる国道物語(北部国道事務所)

 

   
内閣府 沖縄総合事務局 北部国道事務所 〒905-0019 沖縄県名護市大北4丁目28番34号 [TEL]0980-52-4350 [FAX]0980-52-1131
Copyright(c)2008 北部国道事務所.All right reserved.