内閣府 沖縄総合事務局 北部国道事務所
トップページサイトマップお問い合せQ&Aご利用規約
 
 
 トップページ ≫ やんばる国道物語 - やんばるの伝説をたずねて


やんばる国道物語


やんばる国道今むかし
王府時代の道
近代沖縄の道
琉球政府時代の道
復帰後の道
21世紀の道
やんばるの伝説を訪ねて
やんばるの文化碑めぐり
道に関する方言名
探索ガイドなるほどマップ

道に関する年表


やんばる国道物語

やんばるの伝説をたずねて


 (1/23)

奥間カンジャーと尚円王

(国頭村)

 

 昔、首里しゅり士族しぞくが、首里をはなれて国頭の辺戸へど村に下りて、土地の豪農ごうのう佐久真家さくまけに身を寄せていました。しばらくして、その士族と同家の娘の間に男の子が生まれました。佐久真家や村人は、中央の政事まつりごとに巻き込まれることを恐れて、みんなで話し合いをして、その子どもを木箱に入れて、海に流しました。

 

 流れ流れて遠く伊平屋いへや島の沖を漂流ひょうりゅうしているその木箱を、島の漁師が見つけました。偶然ぐうぜんにも我が子を失ったばかりだった漁師は、箱の中にいた生後間もない赤ん坊を見つけ、たいへん喜んで、家に戻りました。

 

 「この子は、天が与えたもの」と考えて、妻と相談ぞうだんして、その子を我が子として育てることにしました。その子は「金丸」(島の人々はのちに「松金まつかね」と称す)と命名されました。それから数十年、松金は立派な青年に成長しました。

 

 ある年、島ではきびしい日照りが続き、ほとんどの水田すいでんの水は干上ひあがってしまったのですが、松金の田んぼだけは水が満々としていました。他の農民たちは「日照り続きなのに松金の田んぼだけが、水がいっぱいなのはおかしい」と、怒り心頭ですが、松金は「自分も不思議ふしぎに思っている」と、とぼけていたそうです。

 

 松金の田んぼだけうるおっていたのには、わけがありました。実は、松金をしたう村の娘たちが夜通しで水を運んでいたのです。つまり松金は娘たちをそそのかしていたのです。やがてそのことがばれると、島の青年たちは嫉妬しっとと怒りで「松金を殺せ」と大騒ぎになりました。

 

 身の危険きけんを感じた松金は、追われるように小舟で国頭の宜名真ぎなまへ逃げました。しかし宜名真の村も絶対安全ではありません。松金は、奥間カンジャー(鍛冶屋かじや)の計らいで、奥間村背後のインシキ屋敷やしきと呼ばれる奥深い山中に隠れました。奥間カンジャーは、猪狩いのししかりにかこつけて、松金に食べ物を運んで面倒めんどうをみたそうです。

 

 松金の人生は、誕生たんじょうから流転るてん続きでなぞに満ちていますが、その後、久志の汀間てぃーまや各地を経て中央に上り、首里王府に仕え、内間地頭じとうになり、やがて名君といわれた尚円しょうえん王となったのでした。尚円は、国王となった後に、奥間カンジャーの昔の恩に報いるべく、国頭間切の総地頭にしたそうです。

奥間の集落
奥間の集落

 

奥間


やんばる国道物語(北部国道事務所)
   
内閣府 沖縄総合事務局 北部国道事務所 〒905-0019 沖縄県名護市大北4丁目28番34号 [TEL]0980-52-4350 [FAX]0980-52-1131
Copyright(c)2008 北部国道事務所.All right reserved.