内閣府 沖縄総合事務局 北部国道事務所
トップページサイトマップお問い合せQ&Aご利用規約
 
 
 トップページ ≫ やんばる国道物語 - やんばるの伝説をたずねて


やんばる国道物語


やんばる国道今むかし
王府時代の道
近代沖縄の道
琉球政府時代の道
復帰後の道
21世紀の道
やんばるの伝説を訪ねて
やんばるの文化碑めぐり
道に関する方言名
探索ガイドなるほどマップ

道に関する年表


やんばる国道物語

やんばるの伝説をたずねて


 (9/23)

恥 う す い 物 語

(名護市)

 

 明治の初め頃のことです。羽地はねじ源河げんか(西海岸)の男と久志くし村(現東村)有銘あるめ(東海岸)の美しい娘が、村境のけわしい山中で、夜な夜な人目をしのんでっていたそうです。

 

 ある日のこと、約束の時刻になっても源河村の男は現れません。不安になった娘は「もしかしたら、他に好きな女でもできたのでは」と思いこみ、男の村へ行ってみることにしました。するとどうでしょう。恋人の男はヤガナヤー(昔の青年たちの集会所)で村の娘たちといちゃついてるではありませんか。

 

 有銘の娘は「ああやっぱり」と男の様子に絶望ぜつぼうしました。すぐにもと来た道を小走りに帰ると、二人がいつも会っていた場所で楽しかった日々を思いめぐらしながら、自殺してしまいました。

 

 一方そうとは知らない源河の男は、彼女が暗い山中で待っているかと思うと、気が気ではありませんでした。当時は、まだ他のシマ(むら)の異性いせいとの恋愛や結婚がタブーだった時代でした。むらの娘たちを無愛想に振り切るわけにはいきませんでした。そう、男にとって、むらの娘たちとのつきあいは有銘の彼女とのつきあいをかくすための見せかけでした。

 

 男は頃あいをみてヤガマヤーを抜け出すと、娘の待つ山へと向かいます。でも全ては遅かったのです。男が会えたのは、悲しい勘違かんちがいをしたまま死んでしまった娘の亡きがらだったのです。男はおどろき、泣きじゃくりました。やんでも悔やみきれないこの思いよ。男はやがて意を決して、自分も娘と重なるように、後を追ったのでした。(他に驚きのあまりのショック死の伝承でんしょうもあります)

 

 翌日、山仕事で若い男女の亡がらを発見した源河の人たちは仰天ぎょうてんしました。そして、この若い男女の純愛じゅんあいにいたく同情して木の枝を折って二人の遺体をおおいました。

 

 その後一帯の山はピーダマ(ひとだま)が飛び交う、恐ろしい山道になったそうです。人々はこのくびり道を「ビージル」「はじうすい」「恥うすいびら」と呼びました。そこを通る時は木の枝を折って置かないと(柴折しばおり)道に迷ったり、ハブの被害ひがいにあったり、危険な目にあうと信じられています。

 

 恥うすいの「恥」は、男女のあられもない姿を恥とする考えと、自殺や変死を村の恥と考える立場の二つありその二つの「恥」を覆い隠して、この話を他のシマの人々に語らないようにしていたとも言われています。

 

 木の枝を折って置く風習は、山の神や道の神(さえの神)へのまじない、行き倒れ、変化した場所などへの注意を喚起かんきする意味をもっています。沖縄県外では「柴うすき」「石うすき」と呼んでいる風習です。

 

 なおこの恥うすいの伝承は、幾通いくとりもあり、源河のある古老は、「その若い男女はイトコどうしであった」とも伝えています。

恥うすい坂付近

 


やんばる国道物語(北部国道事務所)
   
内閣府 沖縄総合事務局 北部国道事務所 〒905-0019 沖縄県名護市大北4丁目28番34号 [TEL]0980-52-4350 [FAX]0980-52-1131
Copyright(c)2008 北部国道事務所.All right reserved.