開発建設部

防災通信設備

概 要

沖縄は、日本列島の南西に位置し、台風の常襲地帯である。台風等災害に見舞われた場合に関係機関との通信を確保するため、本土復帰と同時に無線による専用通信回線の整備を進め、現在、図に示す多重通信回線網を構築している。

 今後は、災害に対し高い信頼性を有する多重無線回線網と高速大容量の光ファイバ回線網を接続した統合通信網の整備を行い、両者の特徴を活かした、通信網の構築を進めていく。

 また、道路、河川ダム等の維持管理に必要な道路情報設備、河川情報設備、レーダ雨量計設備、ダム管理設備、テレメータ施設、移動通信設備や各種管理設備等を整備している。

${g.field('BOX11FILE').Alt}
${g.field('BOX11FILE').Alt}

電気通信施設の現況

@多重通信設備
 沖縄総合事務局の防災通信回線で国土交通省及び各事務所との間の防災通信ネットワーク。
A光ファイバ通信設備
 高速大容量の通信ネットワークを可能とする光ファイバを道路や河川の公共空間に整備し、映像情報の伝送等、管理の高度化を図っている。
B衛星通信設備
 通信衛星を利用し、沖縄と国土交通本省及び各地方整備局を結ぶ通信設備で、地上の広域災害にも安定した通信が確保できる。
C移動通信設備
 災害現場・道路及びダムのパトロール車と事務所間の通信を行う設備で、その機動力を活かし道路、ダム等を巡視し、災害及び事故の状況を迅速かつ的確な連絡が可能である。
Dテレメータ設備
 河川、ダム、国道等に雨量・水位・風向風速等を自動観測・自動収集する設備で、管理区間の状況を常時把握している。
Eレーダ雨量設備
 雨域の状況を的確に捕え、防災対応に役立てている。
Fダム管理設備
 ダム操作を安全・確実にしかも迅速に行うためのコンピュター設備。
G道路情報設備
 交通の安全、円滑な交通を確保するため、道路状況、気象の状況を利用者に提供する設備。道路情報表示装置、VICS等を中心にシステムを構成している。
H電気設備
 各設備に電力を供給するための受変電設備、予備発電設備及び交通の安全を確保するためのトンネル・道路照明設備等を整備している。また、省エネルギー対策として福地ダムで小水力発電を、道の駅「許田」で太陽光発電を導入している。

 このページのトップへ戻る