開発建設部

事務局トップ > 開発建設部 > みち > 道路施設の老朽化対策

道路施設の老朽化対策

老朽化の現状

道路橋の予防保全

 戦後、高度経済成長期に建設された道路橋等の社会資本は、今後、急速に老朽化し、本格的な更新時期を迎え、更新などに要する費用が大幅に増加することが見込まれていること、また老朽化に伴う通行規制や重量制限は、社会・経済的にも多大な影響を及ぼすことが予測されることから道路の予防保全の実現のため「道路橋の予防保全に向けた提言」に基づき道路橋の長寿命化施策を行っています。

トンネル個別施設計画

平成24年12月に発生した笹子トンネル天井板落下事故を踏まえ、トンネルの老朽化対策に向けて、定期点検による確実な状況把握(早期発見)、点検結果に基づく確実な対策(早期補修)が必要となっております。「インフラ長寿命化基本計画(行動計画)」に基づきトータルコストの縮減・平準化を図る上では、点検・診断等の結果を踏まえ、個別施設毎の具体の対応方針を定める計画として、トンネル個別施設計画の策定を行っています。

沖縄県道路メンテナンス会議

沖縄県の道路インフラは、昭和47年の本土復帰以降、沖縄振興開発計画により集中的に整備され、急速に老朽化が進むことが確実である。今後、これらの補修や更新を行う必要が急激に高まってくることが見込まれており、本会議は、沖縄県内における道路インフラの維持管理・補修・更新等を効果的・効率的に行うため、交通上密接な関連を有する道路管理者が相互に連絡・調整を行い、道路インフラの点検結果や修繕計画等を共有・協力することにより、円滑な道路管理を促進し、道路インフラの予防保全・老朽化対策の強化を図ることを目的として設置したものである。

関連リンク

 このページのトップへ戻る