国営沖縄記念公園  首里城地区


「首里城地区整備計画」の更新


国営沖縄記念公園首里城地区(首里城公園)における「首里城地区整備計画」を平成25年3月に更新しま
したのでお知らせいたします。

整備計画とは、今後の公園施設整備・管理運営について定めたものです。

「首里城地区整備計画(平成25年3月)」はこちらから 〔PDF形式 1.9MB〕



「国営沖縄記念公園整備プログラム」の策定


国営沖縄記念公園(海洋博覧会地区・首里城地区)における「国営沖縄記念公園整備プログラム」を策定しましたのでお知らせします。

整備プログラムとは、平成28年度迄の整備及び管理に関する重点事項や開園計画をまとめたものです。


「国営沖縄記念公園整備プログラム」はこちらから 〔PDF形式 1.6MB〕

事業評価


沖縄総合事務局開発建設部においては、公共事業の効率性及びその実施過程の透明性の一層の向上を図るため、所管事業の事業評価を実施しています。

評価の実施にあたっては、学識経験者等の第三者から構成される「事業評価監視委員会」を審議機関として設置し、その意見を尊重することとしています。

「事業評価監視委員会審議資料(H26.12.10)(本局HPへリンク)
 
※「開発建設部事業評価監視委員会」(本局HPへリンク)




これからの計画


首里城地区は、平成4年11月に一部開園し、国営公園区域4.7haのうち約60%にあたる約2.9haを一般供用しています。
残る未開園区域については、現在、遺構発掘調査の成果や絵図資料・古写真などの根拠資料に基づいて復元のための設計検討を行い整備を進めているところです。
本年度は、「世誇殿(よほこりでん)」、「女官居室(にょかんきょしつ)」の建物復元工事に着手し、北城郭地区(久慶門東側)の休憩施設及び広場整備を行います。

工事状況写真 (PDF版はこちら)

       
    よほこりでん    ・       にょかんきょしつ
世誇殿・女官居室 整備

 【御内原とは】
 正殿を境に西側は、男性が取り仕切る「表」の空間であるのに対し、東側(正殿裏)は「御内原」と呼ばれ、国王やその親族の生活や王家の儀礼を行う空間となっていました。そこは王妃を頂点とした女官組織のもとに多くの女性が仕えており、男子禁制の区域で国王とごく限られた男性しか出入りできませんでした。

 ●御内原についての詳細はこちらから

【世誇殿、女官居室とは】

 【世誇殿】
国王が死去した際に世子(せいし)を新しい国王とするための即位の儀式を行う建物で、平常は王女の居室として使われていました。創建年代は不明です。1925年に白銀門前に沖縄神社が建立された際、世誇殿は北側に移築され社務所として使用されていました。移築後の世誇殿の資料が残されており、建物の形態や構造を知ることができたため、その情報に基づき元の位置に戻して復元整備を行います。建物は、木造平屋建てで整備予定で、整備後は公園の案内も含めた休憩所として利用できるようになります。

 【女官居室】
御内原で奉公する女官たちの日常生活の場所として使われていました。創建年代は不明で、建物に関する遺構や古写真も確認されていないため、御内原一帯に存在した建物を参考に想定して整備を行います。建物は、平屋建て(鉄骨造外観木造)で整備予定で、整備後は御庭や後之御庭(くしのうなー)などで行われるイベントに使用する道具類を収納する倉庫として利用します。

 【世誇殿、女官居室の整備後】
世誇殿、女官居室を整備することにより、すでに供用されている正殿と黄金御殿・寄満に囲まれた「後之御庭」が再現されることになります。往時、後之御庭は御内原の女官たちの日常生活の場であると共に、儀式が執り行われた場所でした。後之御庭の立体的な歴史的空間・景観の再現によって臨場感をもったイベントの演出が可能となります。
 

 
●完成イメージ拡大版はこちらから



 休憩施設及び広場整備工事・広福門漆塗り替え工事

   
休憩施設及び広場整備工事
●詳細はこちらから〔PDF形式 1.0MB〕

【広福門の漆の塗り替え工事】
●詳細はこちらから〔PDF形式 0.2MB〕



(過去工事) (平成26年1月完成)
●正殿北側石積み復元整備の詳細はこちらから〔PDF形式 7.2MB〕
●正殿北側石積「完成写真」はこちらから〔PDF形式1.4MB〕
●黄金御殿、奥書院等の建物復元整備の詳細はこちらから〔PDF形式3.1MB〕

〔参考〕

沖縄県内には首里城(グスク)以外にも残存、復元したグスク石積みが数多く残っていますので、その一部(勝連グスク、安慶名グスク、糸数グスク)を写真にて紹介、掲載していますので、これをご覧の上、是非、足を運んでみて、その感動を体感ください。
●【論文】「首里城石積みからの探求について」はこちらから〔PDF形式 1.9MB〕

●沖縄県内における他グスクの石積みを紹介

▲トップへ戻る