那覇港湾・空港整備事務所 サイトマップ

ホーム / 事業概要 / 沖縄初の海底トンネルの整備(沈埋トンネル)

那覇港の概要
那覇港の役割
事業概要
事業実施箇所
浦添第一防波堤
新港第一防波堤老朽化対策事業
臨港道路若狭港町線[沖縄西海岸道路(那覇北道路)]
臨港道路(浦添線)
クルーズ専用ターミナル
那覇うみそらトンネル
沖縄初の海底トンネルの整備
那覇港国際海上コンテナターミナル
中城湾港泡瀬地区の整備
那覇空港の滑走路等基本施設の整備改修
那覇港で実施している調査の紹介
[新技術]那覇港臨港道路(空港線)
港の環境
港の歴史
那覇港なんでもINFO
みなとの豆知識
港の用語集
トップページ

事務所・出張所紹介
関連リンク
契約関連情報
お問い合わせ
利用規約
事業概要
沖縄初の海底トンネルの整備(沈埋トンネル)
 
なぜ沈埋トンネルなの?

 海底トンネルをつくる那覇ふ頭は大きな船が通るから、普通の橋のような柱の間が狭い橋はダメなんだ。だからといって、柱の間が広くとれる高い塔を建てる橋をここに架けると、隣の那覇空港の飛行機の離着陸のじゃまになっちゃうから、橋は架けられないんだ。また、地中を掘ってトンネルをつくるとトンネルの長さが長くなっちゃうんだ。そうすると、工事の費用や時間がかかって大変なんだ。だから、トンネルの函を海底に沈める形式のトンネルをつくることになったんだ。これが沈埋トンネルと言うんだよ。


橋の柱の間が狭いから大きな船は通れないんだ。
柱の間を広く取るために、両側に高い塔を建てて橋を吊り上げるような橋でないと、橋を支えられないんだ。

今度は、その高い塔に飛行機がぶつかっちゃうんだ。
次のページ

ページの先頭へ