那覇港湾・空港整備事務所 サイトマップ

ホーム / 事業概要 / 中城湾港泡瀬地区の整備

那覇港の概要
那覇港の役割
事業概要
事業実施箇所
浦添第一防波堤
新港第一防波堤老朽化対策事業
臨港道路若狭港町線[沖縄西海岸道路(那覇北道路)]
臨港道路(浦添線)
クルーズ専用ターミナル
那覇うみそらトンネル
沖縄初の海底トンネルの整備
那覇港国際海上コンテナターミナル
中城湾港泡瀬地区の整備
那覇空港の滑走路等基本施設の整備改修
那覇港で実施している調査の紹介
[新技術]那覇港臨港道路(空港線)
港の環境
港の歴史
那覇港なんでもINFO
みなとの豆知識
港の用語集
トップページ

事務所・出張所紹介
関連リンク
契約関連情報
お問い合わせ
利用規約
事業概要
中城湾港泡瀬地区の整備
中城湾港泡瀬地区の整備

 泡瀬地区開発事業は沖縄本島中部圏東海岸地域の活性化を図るため、昭和60年代から沖縄市や沖縄県で検討されてきました。
 当初、既存海岸線から陸続きで約219ha〜約340haを埋め立てる計画でしたが、海岸線とヨネ(砂州)を残すべきとの地元からの強い要望や多岐にわたる自然環境調査及び環境保全・創造に関する検討をふまえ、最終的に沿岸干潟域の保全等に配慮した人工島形状としました。埋立面積は約187haと縮小し、平成7年11月、港湾計画に位置づけられました。
 平成12年12月に公有水面埋立承認(免許)を取得し、平成13年より第T区域の工事に着手しました。現在は、環境に配慮しつつ、資材運搬用の仮設道路や仮設桟橋等の築造工事などを行っています。

前のページ

中城湾港出張所はこちらから

次のページ

ページの先頭へ