那覇港湾・空港整備事務所 サイトマップ

ホーム / 事業概要 / 臨港道路(浦添線)

那覇港の概要
那覇港の役割
事業概要
事業実施箇所
浦添第一防波堤
新港第一防波堤老朽化対策事業
臨港道路若狭港町線[沖縄西海岸道路(那覇北道路)]
臨港道路(浦添線)
クルーズ専用ターミナル
第二クルーズバース
那覇うみそらトンネル
沖縄初の海底トンネルの整備
那覇港国際海上コンテナターミナル
中城湾港泡瀬地区の整備
那覇空港の滑走路等基本施設の整備改修
那覇港で実施している調査の紹介
[新技術]那覇港臨港道路(空港線)
港の環境
港の歴史
那覇港なんでもINFO
みなとの豆知識
港の用語集
トップページ

事務所・出張所紹介
関連リンク
契約関連情報
お問い合わせ
利用規約
事業概要
臨港道路(浦添線)の事業概要

 那覇港は、沖縄県の物流の通信拠点港湾として、県の経済活動を支えています。しかしながら、那覇港から本島 中北部方面への物流は、浦添ふ頭以北の臨港道路が未整備であるため、慢性的な交通渋滞が続いている市街地を経由し、 輸送することを余儀なくされています。
   このまま推移すると、那覇港の発生集中交通のみならず一般交通にも極めて深刻な影響を及ぼすことが予想されました。そのため、那覇港から中北部方面への臨港交通機能を強化し、港湾物流の円滑化を図るため、臨港道路(浦添線)の整備を行い、平成30年3月に開通したところです。
   なお実施に当っては、自然海岸保全のため、当初の埋立方式から一部区間について橋梁方式へ変更を行っております。

臨港道路(浦添)
臨海道路浦添線整備事業における環境への配慮

橋梁部の施工手順

橋梁部の施工手順
前のページ 次のページ

ページの先頭へ