那覇港湾・空港整備事務所 サイトマップ

ホーム / 事業概要 / 第二クルーズバース

那覇港の概要
那覇港の役割
事業概要
事業実施箇所
浦添第一防波堤
新港第一防波堤老朽化対策事業
臨港道路若狭港町線[沖縄西海岸道路(那覇北道路)]
臨港道路(浦添線)
クルーズ専用ターミナル
第二クルーズバース
那覇うみそらトンネル
沖縄初の海底トンネルの整備
那覇港国際海上コンテナターミナル
中城湾港泡瀬地区の整備
那覇空港の滑走路等基本施設の整備改修
那覇港で実施している調査の紹介
[新技術]那覇港臨港道路(空港線)
港の環境
港の歴史
那覇港なんでもINFO
みなとの豆知識
港の用語集
トップページ

事務所・出張所紹介
関連リンク
契約関連情報
お問い合わせ
利用規約
事業概要
第二クルーズバース

 那覇港では現在、16万トン級などの船長335mを超えるクルーズ船や同時に複数の船舶が寄港する際には、那覇クルーズターミナルで対応できないことから、やむを得ず貨物用岸壁で受け入れており、そのため、貨物が行きかう岸壁上のクルーズ旅客移動時の安全性の確保、さらには円滑なCIQ(税関・入国審査・検疫)手続きや大型バス等の二次交通待機場の確保などが課題となっている。その課題に対応するため、新たなクルーズ船専用岸壁等受け入れ施設の整備が求められています。
   2018年に那覇港管理組合はMSCクルーズ(MSC社)及びロイヤル・カリビアン・クルーズ(RCL社)とともに、国土交通省が創設した制度(旅客ターミナルビル等に投資を行うクルーズ船社に岸壁の優先的な使用を認める制度:国際クルーズ拠点整備事業 第3回目)に応募し、選定されました。今後、22万トン級のクルーズ船を受け入れる拠点として、港湾施設を国・那覇港管理組合が、旅客ターミナルビルをMSC社・RCL社が整備していきます。

第二クルーズバース
前のページ 次のページ

ページの先頭へ