小禄バイパス・ゴムチップ舗装 供用後の効果について提供:南部国道事務所


  平成16年7月上旬に全線供用した「小禄バイパス・ ゴムチップ舗装」について、歩行者利用実態調査、アンケート調査を実施しましたので公表します。
  ゴムチップ舗装は、適度なやわらかさがあり、ジョギング時などに「ひざへの負担が少ない」空隙が多く「水溜まりができにくい」などの特徴をもっています。

【歩行者利用実態調査】

ゴムチップ舗装供用前に比べ、歩行者数は1.5倍
  (供用後の山側、海側の歩行者数の合計1,499人)
ゴムチップ舗装利用者のうち、ジョガー(ウォーキング含む)
  の割合は75%
 (ゴムチップ舗装利用者数 734人)

【アンケート調査】

「小禄バイパスの歩道を以前から利用していたか?」の
  質問に対し42%の利用者が「ゴムチップ舗装ができてか
  らの利用」
ゴムチップ舗装の走りやすさ(歩きやすさ)について99%
 の利用者が満足
ゴムチップ舗装の延長(L=1.6km)について80%の利用者
  が短いと感じている
その他要望として、「ゴムチップ舗装を小禄バイパス
 終点まで設置してほしい」という意見が数多くありました

参考資料【工事概要/利用実態調査/アンケート調査】を見る。(PDF:254KB)
問い合わせ    南部国道事務所 TEL:098-861-2336
             うえはらゆうけん
副  所  長 :上原 勇賢
             たいらひろたか
交通対策課長:平良 博孝
 

(C)南部国道事務所−「小禄バイパス・ゴムチップ舗装」〜供用後の効果について〜−

<<<<>>>>