サイトマッププライバシーポリシー 文字サイズの変更について    
|内閣府 沖縄総合事務局 南部国道事務所|
 South National Highways Office                   

 
google検索   このサイトを検索

TOPトピックス・記者発表/平成16年度掲載トピックス「国道58号浦添地区の樹種選定に向けて(第2回委員会)」


 国道58号浦添地区(牧港〜城間)既存ガジュマルに代わる新たな樹種の選定に向けて第2回委員会を開催しました。

1.各委員より推薦樹種の紹介があり、それを受けて下記の方針が決定しました。
  ・複数樹種(高木花木)とする。
高木(常緑広葉樹)を次回、3〜4種に絞る。
【推薦樹種】リュウキュウコクタン、ホルトノキ、ソウシジュ、アカギ、
イスノキ、ヤエヤマヤシ、マニラヤシ、ビロウ
 
  花木(ポイント配植)を次回、3〜4種に絞る。
【推薦樹種】イッペー、マキバブラシノキ(シダレ)、テイキンザクラ
、トックリキワタ、ヤブツバキ、ゴールデンシャワー(ナ
ンバンサイカチ)、ホウオウボク、ヤエヤマシタン
 
2.第3回委員会(12/21予定)で樹種を決定する予定です。
●樹種選定委員会メンバー
委員長
 新城 和治 元琉球大学教育学部 教授
  琉球大学・名桜大学非常勤講師
   
委員  
 新里 孝和 琉球大学農学部 教授
 仲里 眞昌 浦添市 牧港 自治会長
 銘刈 全朗 浦添市 港川 自治会長
 稲江 哲哉 浦添市 城間 自治会長
 安谷屋 恵三 浦添市 都市計画課長
 平良 博孝 南部国道事務所 交通対策課長
 本委員会は、「地元の声を聞きながら新たな樹種を選定したい」という趣旨を踏まえ、上記の構成メンバーとなっています。
参考資料(ガジュマル移植について)




<<<<カウンターです。>>>>