サイトマッププライバシーポリシー 文字サイズの変更について    
|内閣府 沖縄総合事務局 南部国道事務所|
 South National Highways Office                   

 
google検索   このサイトを検索

TOPトピックス・記者発表/平成17年7月11日掲載:トピックス「道路ボランティア協定書調印式」

道路ボランティア協定書調印式

 2005年7月1日、那覇市役所4階庁議室において沖縄銀行・那覇市・沖縄県南部土木事務所・沖縄総合事務局南部国道事務所の4者により「道路ボランティア協定書」の調印式がとりおこなわれました。

 この「道路ボランティア協定書」に基づき、那覇市内にある沖縄銀行の各店舗は、周辺道路の清掃緑化活動を行います。また、国道・県道・市道の各道路管理者はその活動に協力する事となります。 協定書調印の様子
 南部国道事務所では、「地域住民や企業による道路ボランティア活動」への参加を呼びかけていて、これまで14団体と※「ボランティアサポートプログラム協定」を締結していますが、今回のように4者の合同による協定は初めてのケースです。
 調印式の中で翁長那覇市長から、「財政環境も厳しさを増していく中で、道路の環境美化を図るためには、市民団体や企業との協同が大切である。」とのお話がありました。
また、安里沖縄銀行頭取からは、「これまで各店舗で行ってきた清掃に加え、草花による美化を実施していきたい」とのお話がありました。
 
 南部国道事務所では、「市民団体や企業の道路ボランティア活動」への参加を引き続き、呼び掛けていきます。沖縄銀行さんには、那覇市以外の店舗についても、協力して頂けるようお願いをしました。
 


調印式に参加された代表者の方々:
向かって右から
沖縄県南部土木事務所長 羽地邦雄 様
那覇市長 翁長雄志 様
沖縄銀行頭取 安里昌利 様     
南部国道事務所副所長 比嘉肇
(事務所長 緑川和由 代理) 
調印後の握手
 
※「ボランティアサポートプログラム協定」
住民や企業に国道の清掃等をボランティアで実施していただき、それに対し、市町村と国道事務所がそれぞれ、ゴミの処理や清掃用具を貸し出す事等により、活動をサポートしていく協定。
現在、県内の国道で28団体、全国で約1000団体が活動しています。




<<<<カウンターです。>>>><<<<カウンターです。>>>>