トップページ交通環境の現状取り組み内容関連リンクお問合せ

1 | 2 | 3

取り組み内容

8. 上記1.〜4.の実施状況等を、那覇市環境フェアーの中で報告し、周知・啓発を図るタウンミーティングの実施

イベント名称 那覇市環境フェアでのタウンミーティング
開催場所 新都心公園(那覇市内)
日時 平成18年11月12日(日)
イベント概要 那覇市が主催した環境フェアに排ガス測定実験車2台、その他南部国道のCO2削減事業の紹介パネルを出展し、来場市民と以下の項目についてミーティング・普及啓発を行った。
・アイドリングストップの必要性と有効性
・その他南部国道のCO2削減事業の一つ(P&BR)体験者からの施策紹介
・エコドライブ会員登録
・ブース来場者:エコドライブ会員登録者(157人)+アルファ(話は聞いていたが登録は保留など)
実施主体 南部国道事務所(協働実施:NPOしまづくりネット)
写真
アイドリングストップの必要性と
有効性の説明と対話
写真
P&BR体験者から市民への
施策紹介
写真
エコ大使犬ボギーも
ミーティングに参加

▲このページの先頭へ

9. 団塊フェスティバルでのタウンミーティング

イベント名称 団塊フェスティバルでのタウンミーティング
開催場所 沖縄コンベンションセンター 展示会・会議場
日時 平成18年12月16日(土)、17日(日)
イベント概要 琉球新報社主催の”第1回団塊フェスティバル”で、南部国道のCO2削減事業の紹介パネルを展示し、来場県民と以下の項目についてミーティング・普及啓発を行った。
1.南部国道のCO2削減事業
2.エコドライブ会員募集(登録者数103名)
実施主体 南部国道事務所(協働:NPOしまづくりネット)
写真
施策の説明、参加呼びかけ

▲このページの先頭へ

10. 道の駅でのエコ関連イベント

イベント名称 道の駅でのエコ関連イベント
開催場所 道の駅「許田」
日時 平成19年2月3日(土)、4日(日)
イベント概要 道の駅「許田」の来場者に対して、以下の項目について普及啓発を行った。
1.アイドリングストップの必要性と有効性 車のマフラーに風船を取り付け、排気ガスで風船を膨らませる実験を行います。走行状態別の膨らみ方の違いを、目で見て確認してもらった。
2.各種ソフト施策のパネル・セッション、参加者募集 パネルを用いて各種ソフト施策の紹介を行い、参加者を募集した。(登録者数43名)
実施主体 南部国道事務所(協働:NPOしまづくりネット)
写真
南部国道事務所CO2削減
ソフト施策紹介パネル展示
写真
アイドリングストップの
必要性と有効性の説明と対話
写真
施策の説明、参加呼びかけ

▲このページの先頭へ

11. 上記1.〜6.の取り組みを、子供メッセンジャーや一般市民へ報告するCO2削減シンポジウムの開催

パンフレット 平成18年8月に開催された、「生活の足を支える交通シンポジウム」で、環境と交通を学習した子供メッセンジャーから大人に向け、CO2削減、公共交通利用などの提言がなされました。

右図:[生活の足を支える交通シンポジウム]ポスター
クリックすると拡大画像を見ることができます。




【写真】子供メッセンジャーの発表の様子 子供メッセンジャーからの提言を聞いた一般市民からは多くの共感が得られ、アンケートへの回答では、その提言をふまえて、大人が交通行動を変えなければならないとの声が多数寄せられました。






南部国道事務所の環境改善への取り組みは、この動きと連動させることによって、より多くの市民との協働を図っていきます。 CO2削減シンポジウムでは、環境改善に向けた取り組みをさらに拡大するために、次のような内容で開催します。

1. 今年度の各施策の体験者が、一般の方々にその体験を披露して新たな取組参加を呼びかけ、参加への障害を探る。
2. 大人たちが取り組んだ各施策を子供メッセンジャーからの提言に対する回答として披露し、子供メッセンジャーから評価してもらい、今後の南部国道事務所の環境改善への取り組みの参考にさせていただきます。

イベント名称 CO2削減シンポジウム
開催場所 銘苅小学校体育館
日時 平成19年3月10日(土)
出演者 子どもメッセンジャー、各施策取り組み参加者
プログラム ・主催者挨拶
・子どもメッセンジャーの提案確認
・渋滞と温暖化の実態説明と今年度の取り組み紹介
・各施策参加者からの取り組み報告・PR
 1. エコドライブ
 2. エコドライブ・キャンペーン
 3. 新都心レンタサイクル
 4. パークアンドバスライド
 5. 公共交通利用転換
  沖縄大学学長への「モビリティ・マネジメント・ツール」の贈呈式
 6. タウンミーティング
・子どもメッセンジャーの評価検討の時間
・幕間(指笛演奏、オカリナ演奏)
・子どもメッセンジャーからの評価と再提案
・子どもたちへの返礼と大人の確認
実施主体 南部国道事務所
(協働予定:生活の足を支える交通を考える会、NPOしまづくりネット)

図
平成18年度取り組みにおけるCO2シンポジウムの位置づけ

▲このページの先頭へ

▲前のページへ


沖縄総合事務局 南部国道事務所
Copyright (C) 2006 沖縄総合事務局 南部国道事務所 All Rights Reserved.