サイトマッププライバシーポリシー 文字サイズの変更について    
|内閣府 沖縄総合事務局 南部国道事務所|
 South National Highways Office                   

 
google検索   このサイトを検索

TOPトピックス・記者発表/平成20年2月22日掲載:記者発表「豊見城道路周辺地域の生活環境〔救急医療活動・安全性・路線バス運行環境〕が向上しました。」

記者発表「豊見城道路周辺地域の生活環境〔救急医療活動・安全性・路線バス運行環境〕が向上しました。」

◇豊見城道路の全線暫定供用により、地域の生活環境が向上しました。 (H19.12月調査結果)
≪救急医療活動を支援≫
・『患者搬送時に豊見城道路を利用することで、カーブでの横揺れや信号停止による縦揺れが減少するため、患者への負荷が軽減し安静搬送が実現した』との声が聞かれました。

≪歩行者等の安全性が向上≫
・国道331号等で交通量が減少したことにより、概ね国道331号・豊見城道路・糸満道路に囲まれたエリアで交通事故件数が約3割(3件/月)減少し、小学生保護者からも『安全性が向上した』との声が聞かれました。

≪路線バス運行環境が向上≫
・バスドライバーの9割以上が『バスの遅延回数が減った』と感じており、その結果、『ドライバーの安全な運転に寄与した』との声が聞かれました。

◇豊見城道路へと交通量が転換し、地域経済の活性化に寄与しました。
≪豊見城道路の交通量が約4割増加≫
・豊見城道路が平成19年3月に全線暫定供用(L=4.0km)し、供用半年後(平成19年10月)では、豊見城道路の交通量が供用前(平成18年10月)に比べ約4割(約5,500台/12h)増加し、並行する国道331号では、約1割(約1,200台/12h)減少しました。

≪兼城地区や西崎地区で渋滞が解消・緩和≫
・兼城交差点で供用前には700mだった渋滞長が、供用後には0mとなるなど、兼城地区や西崎地区で渋滞が解消・緩和しました。

≪那覇空港〜西崎工業団地間の所要時間が11分短縮≫
・豊見城道路を利用することで、那覇空港→西崎地区の所要時間が供用前の29分から供用後の18分へと11分短縮しました。

≪豊見城道路の利便性・快適性向上により、西崎地区事業所の売上が増加≫
・那覇空港〜西崎工業団地間の所要時間の短縮等により、西崎地区企業の9割以上が『豊見城道路の利便性・快適性が向上した』と感じており、『輸送時間・配達時間の短縮』や『移動する経路が増加し、利便性が向上』、『西崎地区へのアクセス向上』といった効果を実感しています。その結果、西崎地区の8事業所で売上の増加が確認されました。


 ■詳細内容について別添資料参照(PDF)
 

問い合わせ先:沖縄総合事務局南部国道事務所調査第一課

副所長
:米須 勇
調査第一課長
:渡久山 雄一
TEL
: 098−861−2336




<<<<カウンターです。>>>><<<<カウンターです。>>>>