サイトマッププライバシーポリシー 文字サイズの変更について    
|内閣府 沖縄総合事務局 南部国道事務所|
 South National Highways Office                   

 
google検索   このサイトを検索

TOPトピックス・記者発表/平成20年2月22日掲載:記者発表「豊見城東道路全線開通(3月22日)!」

記者発表「豊見城東道路全線開通(3月22日)!」

 沖縄総合事務局南部国道事務所が建設を進めていました那覇空港自動車道の一区間、一般国道506号豊見城東道路の一部区間(豊見城・名嘉地IC〜豊見城IC)が平成20年3月22日に開通することにより、豊見城東道路は全線暫定開通となります。

【式典概要】
 ◆開通式日時:平成20年3月22日(土)10時30分から11時30分
 ◆式典場所 :豊見城・名嘉地IC特設会場
 ◆式典主催 :沖縄総合事務局南部国道事務所
 ◆出 席 者:国会議員、沖縄総合事務局、沖縄県、豊見城市等

【豊見城東道路の概要】
○豊見城東道路(延長6.2km)の4車線で計画。

○このうち、平成15年度に豊見城IC〜南風原南IC間が部分暫定開通され、残り豊見城・名嘉地IC〜豊見城ICは、豊見城東道路全線暫定開通を目標に工事促進を図ってまいりました。

○今回は、豊見城東道路の一部区間(豊見城・名嘉地IC〜豊見城IC間L=2.7km)2車線(片側1車線)が暫定開通となります。

○豊見城東道路の一部区間(豊見城・名嘉地IC〜豊見城IC間)の特徴
@沖縄自動車道、南風原道路とつながり、本島北部中南部と那覇空港間の定時性や高速性を確保し、都市部の交通混雑の緩和を図ります。
A完成4車線の内、2車線を先行して開通させます。
B今後は、平成22年度末のロングランプによる名嘉地交差点の立体化を目指し、引き続き工事促進を図ります。

【豊見城東道路開通後はこうなります】
○那覇空港から最寄ICまでの所要時間が約15分短縮します。(開通前:約25分→開通後:約10分)

○豊見城東道路が開通することで、那覇市街地と周辺地域との移動経路の選択肢が増え、交通が分散されます。

【豊見城東道路開通に寄せる期待】
○豊見城東道路利用者の約72%は「那覇空港自動車道の早期全体開通」を望んでいます。 特に「業務」目的での豊見城東道路利用者は、約77%が「早期開通」を望んでいます。※1

○事業者は、「移動の際の経路増による、営業活動の利便性向上」に期待を寄せています。※2

○観光客は、「渋滞に巻き込まれる事が少なくなり、快適に旅行できる」などに期待を寄せています。※3

※1豊見城東道路利用者アンケート調査(H15)
※2糸満市西崎地区企業アンケート調査(H19)
※3レンタカー利用者アンケート調査(H19)によるものです。


画像:豊見城ICを望む 画像:豊見城・名嘉地ICを望む

 ■豊見城東道路参考資料(PDF)


問い合わせ先:沖縄総合事務局南部国道事務所

副所長
:米須 勇 (内線:204)
工務課長
:砂川 聡 (内線:411)
調査第一課長
:渡久山 雄一 (内線:451)
TEL
: 098−861−2336


<<<<カウンターです。>>>><<<<カウンターです。>>>>