サイトマッププライバシーポリシー 文字サイズの変更について    
|内閣府 沖縄総合事務局 南部国道事務所|
 South National Highways Office                   

 
google検索   このサイトを検索

TOPトピックス・記者発表/平成24年5月29日掲載:記者発表「沖縄西海岸道路(那覇西道路)開通半年後の交通状況について」

豊見城・糸満道路開通直後の交通状況および整備効果について

 沖縄総合事務局 南部国道事務所 で整備を進めてきました、沖縄西海岸道路について、平成23年8月に開通した『那覇西道路』に続き、『豊見城道路・糸満道路』が平成24年3月31日(日)に全線開通(2車線)しました。その整備効果について、供用前の平成23年9月11日(日)、29日(木)と直後の平成24年4月22月(日)、24日(火)に交通量調査を行い、その調査結果等に基づき取りまとめましたので公表します。

【事業概要】
延長:L=7.4km(起:豊見城市瀬長、終:糸満市真栄里)(完成4車線,暫定供用時2車線)
事業化年度:豊見城道路(平成2年度)、糸満道路(平成元年度)


整備効果要旨】
豊見城・糸満道路の開通により、現国道331号の交通量が減少し、交通渋滞の緩和(糸満ロータリー交差点の滞留長)や移動時間の短縮(那覇空港〜ひめゆりの塔)、などの整備効果が現れており、今後、交通円滑化・物流効率化や観光振興等へ寄与することが期待されます。

■糸満ロータリー付近の交通量が、34%減少。
・糸満ロータリー付近の交通量が約13,600台から約9,000台へ34%減少。
・現道331号等から豊見城・糸満道路へ約11,100台転換。



■糸満ロータリー交差点の通過時間が85%短縮。

・現国道331号南向けの交差点通過時間は最大で約151秒から約23秒へ85%の時間短縮。



■南部地域への移動時間が短縮。

・豊見城・糸満道路の開通により、那覇空港からひめゆりの塔までの移動時間が約7分短縮。

□全線開通により、「ひめゆりの塔」、「平和祈念公園」、「おきなわワールド文化王国・琉球の村」といった観光施設へのアクセスが向上し観光振興が期待されます。

□なお、今後詳細調査を予定しています。


※調査結果につきましては添付資料をご参照下さい。

添付資料(PDF)


リンクボタンです。acrobat readerのインストール※PDFファイルが表示されない場合はこちらからAdobe Readerのダウンロード及びインストールを行ってください。


【問い合わせ先】

沖縄総合事務局 南部国道事務所
TEL:098-861-2336(代表)
FAX:098-868-1429    
http://www.dc.ogb.go.jp/nankoku/ 

副所長  照屋 悟(内線:204)

調査第一課長  真栄里 和也(内線:451)




<<<<カウンターです。>>>><<<<カウンターです。>>>>