サイトマッププライバシーポリシー 文字サイズの変更について    
|内閣府 沖縄総合事務局 南部国道事務所|
 South National Highways Office                   

 
google検索   このサイトを検索

TOPトピックス・記者発表/平成27年12月14日掲載:記者発表「那覇空港自動車道 豊見城東道路の全線4車線開通の効果〜全線4車線開通により通行の安全性が大幅に向上〜」

タイトル:那覇空港自動車道 豊見城東道路の全線4車線開通の効果〜全線4車線開通により通行の安全性が大幅に向上〜

 ◆【開通による主な効果】
那覇空港自動車道 豊見城東道路の全線4車線開通により、交通事故等による全面通行止めが解消
また、全線4車線開通により対面通行が解消し安全性が向上

【安全性の向上】

・全線4車線開通に伴い、交通事故等による全面通行止めが解消
・全線4車線開通により、対面通行が解消し安全性が向上


【交通円滑化】

・本線の混雑が緩和し、西原JCT〜豊見城・名嘉地IC間の所要時間が約3割(約4分)短縮
・全線4車線開通後、西原JCT〜豊見城・名嘉地IC間を10分以内で通行可能になり速達性、定時性が向上


【観光振興】

・那覇空港と本島内の観光地のアクセス性が向上。所要時間が那覇空港〜許田ICまで豊見城東道路暫定2 車線開通時(平成20年時)と比較して、約1割(約7分)短縮
・所要時間の短縮により、北部地域での観光周遊性が向上するなど地域経済の好循環に貢献


◆【事業概要】

豊見城東道路は、那覇空港と沖縄自動車道を結ぶ一般国道506号那覇空港自動車道の一部を形成しており、豊見城市名嘉地から南風原町山川までの延長6.2kmの自動車専用道路です。
本島北部及び中南部から那覇空港までの、定時性、速達性を確保するとともに都市部の交通混雑の緩和と沿道環境の改善を図ることを目的とする道路です。

◆【事業の経過】

  ○平成15年4月26日
  豊見城IC〜南風原南IC間
  2車線暫定開通

  ○平成20年3月22日
  豊見城・名嘉地IC〜豊見城IC間
  2車線暫定開通(全線暫定2車線開通)

  ○平成26年3月31日
  豊見城IC〜南風原南IC間
  4車線開通

  ○平成27年3月3日
  豊見城・名嘉地IC〜豊見城IC間
  4車線開通(全線4車線開通)
延長 6.2km
設計速度 80km/h
道路規格 第1種第3級
画像:豊見城東道路(事業延長図)



参考資料:豊見城東道路 全線開通によるストック効果(PDF:1.57MB)


【問い合わせ先】

内閣府 沖縄総合事務局 南部国道事務所
TEL:098-861-2336(代表)
FAX:098-861-2454

副所長   上原 啓文 うえはら ひろふみ (内線:204)

調査第一課長   新垣 康明 あらかき やすあき (内線:451)

南部国道ホームページ http://www.dc.ogb.go.jp/nankoku/




<<<<カウンターです。>>>><<<<カウンターです。>>>>