1.那覇空港自動車道について
 那覇空港自動車道は沖縄自動車道(延長57km、昭和62年全線供用)と那覇空港を結ぶ延長約20kmの高規格幹線道路で、沖縄自動車道とともに沖縄本島を南北に縦貫する基幹交通軸を形成し、定時性・高速性を確保するとともに都市部の交通混雑緩和に寄与することが期待されています。
2.豊見城東道路について
 豊見城東道路は、一般国道506号那覇空港自動車道の一翼を担うもので、豊見城市字名嘉地から南風原町字山川に至る延長6.2kmの自動車専用道路です。現在供用中の沖縄自動車道及び南風原道路と一体となって沖縄本島北部、中部、南部及び那覇空港間の定時性・高速性を確保することにより、地域振興はもとより観光及び那覇市内の通過交通が転換することによる那覇市内の交通混雑の緩和に寄与することが期待されています。豊見城東道路は平成3年度に事業化し、平成5年度に用地買収着手、平成9年3月に工事着手しました。
@供  用  日  時 平成15年4月26日(土)15:00
A供用区間(延長) 沖縄県豊見城市字平良西原522番1から同県島尻郡南風原町字山川桃原513番9まで(3.9km)
B供  用  形  態 那覇空港自動車道南風原道路南風原南ICから同豊見城東道路豊見城IC(旧仮称:豊見城東IC)間を2/4車線(空港向け車線使用)で対面通行〔規制速度60km/h〕
C料  金  形  態 無料
D新 設 I C 名 称 豊見城IC(とみぐすくIC)〔旧仮称:豊見城東IC〕
仮称変更
那覇空港南IC(なはくうこうみなみIC)〔旧仮称:豊見城IC〕
IC位置については別図の通り。
E開  通  式  典 平成15年4月26日(土)10:30〜
3.事業に当たって配慮した点
 那覇空港自動車道は、周辺環境への配慮と雨天時の交通安全向上の観点から全線排水性舗装を実施し、走行車両の快適・安全な走行、また、隣接する住宅地への走行車両の通過音の低減を図る対策を実施しています。
【南風原町津嘉山付近】
4.事業効果について
1.那覇空港自動車道(豊見城東道路)の時間短縮効果
2.交通事故の減少効果
3.観光の支援

お 問 い 合 わ せ
沖縄総合事務局開発建設部道路建設課 (098-866-0091)
課長 松浦(内線4211)
課長補佐 金城(内線4212)
沖縄総合事務局 南部国道事務所 (098-861-2336)
副所長 屋良(内線205)
調査第一課長 堀  (内線451)
〔ホームページアドレス http://www.dc.ogb.go.jp/nankoku/

 
前のページに戻る
 
トップページ