南部国道事務所では、現在4台の道路パトロールカーを所有し、安全で快適な道路を維持するためにパトロールを実施しています。
 今回、老朽化した車両の更新車両として、CO2の排出量が少なく環境にやさしいハイブリッド車による道路パトロールカーを沖縄総合事務局で初めて導入しました。
 ハイブリッド車とは、停車中はエンジンが停止し発進時には電力によりモーターを駆動して発進します。 また、車両の速度が安定した通常走行時ではエンジンにより低燃費で走行して、モーターは発電機として働きバッテリーへ充電を行い、超低燃費・超低排出ガスを実現した自動車です。
道路パトロールカー(ハイブリッド車)
道路パトロールカー(ハイブリット車)
道路パトロールカー(ハイブリット車) 運転席 道路パトロールカー(ハイブリット車) 後面
運転席 後 面
<主要諸元>
機 械 名 道路パトロールカー(4×4G)
全   長 4,770mm
全   幅 1,790mm
全   高 2,550mm
車両総重量 2,145kg
機   関 水冷、ガソリン(ハイブリッド)
乗車定員 5人
主要装備品 標識装置(LED表示式)
回転灯 (黄色及び赤色一体型)
電子サイレン(拡声装置付)

 
トップページ