応募要項

「風景街道」登録申請書

1.はじめに
近年、我が国では、市民意識の高まり、価値観の多様化等により、道を舞台としたイベントや地域振興等の取組みや、地域住民が身近な道路を美しく、地域にあった管理を行うといった地域活動が活発化する等、従来行政が担ってきた範囲にとどまらない「公」の役割を、地域住民、NPO、企業等が担うといった動きが全国各地で拡がっています。また、これまで人や物資の移動のために使われてきた道路から、美しい風景の中でゆったりと走れる道路への転換を求める等、道に対するニーズも多様化しています。 これらの動きを受け、平成17年12月、奥田碩日本経団連会長(現日本経団連名誉会長)をはじめ、我が国を代表する有識者の方々からなる日本風景街道戦略会議が設立され、会議の委員の方々による度重なる議論、全国40箇所にのぼる地域への視察を通じて、平成19年4月に「日本風景街道の実現に向けて」が国土交通大臣に提言されました。 国土交通省では、本提言を受け、全国各地の道を舞台とした様々な活動に対してできる限り門戸を広げることにより、多種多様な風景街道を実現し、また日本風景街道を国民的な運動として全国に展開することを目的に、9月より、風景街道を公募することとしました。

2.日本風景街道のねらい
日本風景街道は、郷土愛を育み、日本列島の魅力・美しさを発見、創出するとともに、多様な主体による協働のもと、景観、自然、歴史、文化等の地域資源を活かした国民的な原風景を創成する運動を促し、以って、地域活性化、観光振興に寄与することを目指しています。

3.申請主体
道路ならびにその沿道や周辺地域を舞台とし、地域の資源を活かした多様で質の高い風景の形成等に係わる活動を実施する全ての団体が参加可能です。 ただし、日本風景街道に登録をするためには、「風景街道パートナーシップ」※が申請主体となる必要があります。 ※「風景街道パートナーシップ」とは:風景街道毎に設置され、活動を実施する組織であり、地域住民、 NPO、町内会・自治会、企業、大学関係者、警察、市町村などの地方公共団体等の「活動に応じて必要な組織」と「道路の管理者」で構成される組織のことです。なお、「道路の管理者」には、「中心となる道路」の道路管理者が構成員として必要です。 注)「中心となる道路」とは、風景街道の骨格をなす道路であり、必ずしも道路法上の道路である必要はありません。ただし、「中心となる道路」が道路法上の道路でない場合、交差する道路の道路管理者となります。

4.登録条件
風景街道を登録するためには以下に示す条件を満たす必要があります。 ① 風景街道パートナーシップが組織されていること (注)暴力団その他の反社会的活動を行う団体は除外すること ② 日本風景街道の地域資源(参考1に示す)のうちいずれか一つ以上の資源を申請している「風景街道」に有していること ③ 風景街道パートナーシップが日本風景街道の理念に賛同し、それらに合致した活動を継続的に実施していること (注)特定の政治的及び宗教的信条にもとづく活動を行わないこと ④ 申請している「風景街道」に「中心となる道路」が存在していること

5.申請先および問合せ先
申請は、申請書類 1部を下記申請先に郵送にてご提出下さい。また、風景街道の登録申請に関する問い合わせ、日本風景街道に係わる活動に関する問い合わせにつきましても下記に、電話・FAXでお問い合わせ下さい。

沖縄地方風景街道協議会 事務局
住所:〒900-0006 沖縄県那覇市おもろまち2-1-1
担当:沖縄総合事務局 道路建設課 道路整備係
TEL:098-866-1914(直通) FAX:098-861-9928
お問い合せ受付時間:平日 9:00~17:00

6.申請書類
(1) 登録申請書
添付資料の別表1に従い、下記内容について記入して下さい。この他添付資料があれば併せて提出してください。なお、別表1に収まらない場合は、各項目の欄を自由に拡げて構いません。

  1. 風景街道の名称
  2. 中心となる道路の名称及び道路管理者
    中心となる道路が道路法上の道路でない場合は、中心となる道路と交差する道路の道路管理者でも可
  3. 風景街道の範囲
    風景街道として登録するエリアを示し、中心となる道路が明記された図面を添付
  4. 風景街道内の地域資源
    風景街道として登録するエリア内に点在する地域資源の概要や特徴等を記載
  5. 風景街道パートナーシップの名称
  6. 代表者名
  7. 代表者所属組織名
    代表者の所属組織名と部署名を記載
  8. 代表者連絡先
    代表者連絡先には、電話番号、FAX番号、e-mailアドレスを記載
  9. 事務局担当者名
  10. 事務局の所在地
  11. 事務局連絡先
    事務局連絡先には、電話番号、FAX番号、e-mailアドレスを記載
  12. 風景街道パートナーシップを構成する組織
    風景街道パートナーシップに参加する活動団体や個人、道路管理者を記載
  13. 活動目的及び活動内容 活動目的は、風景街道の活動を通じ、目指すべき目標像や方向性等を記載。 活動内容は、申請した風景街道に対して、風景街道パートナーシップが実施したいと考える活動内容を記載。
  14. 風景街道パートナーシップに含まれる組織・団体等のこれまでの活動実績
  15. 今後の活動スケジュール等
    (提出については任意とする) 7.結果の通知 風景街道の登録申請結果は、登録条件を満たしていることを確認したうえで風景街道パートナーシップに登録の可否を通知します。

8.登録の取り消し
「沖縄地方風景街道協議会」は、登録後、登録条件を満たさないことが確認された場合、その旨を該当する「風景街道パートナーシップ」に対し通知し、その後も満たされない場合には、登録を取り消すことができます。

9.登録内容の変更
風景街道パートナーシップは、登録後、登録申請内容に変更が生じた場合は、遅滞なく登録している沖縄地方風景街道協議会に、変更内容を別表1に記載の上、届ける必要があります。

10.活動報告
風景街道パートナーシップは、毎年、以下に示す内容について沖縄地方風景街道協議会に報告して下さい。
①年度内の活動実績   ②活動を推進する上での課題 等

11.活動支援
沖縄地方風景街道協議会に登録された風景街道は、必要に応じ、参考2に示すような活動支援を受けることができます。ただし、活動支援は、風景街道パートナーシップが沖縄地方風景街道協議会に要請し、沖縄地方風景街道協議会が支援の必要性があると判断した場合にのみ実施されます。

12.その他
日本風景街道に関する情報は下記ホームページで閲覧できます。 【日本風景街道 HP】 https://www.mlit.go.jp/road/sisaku/fukeikaidou/