管理庁舎
湖畔公園
かながー広場
展望台
芝生広場

新川ダム

トップ >> やんばるの9ダム >> 新川ダム(新川湖)

新川ダム

新川ダム

周辺の林には野鳥がいっぱいあらかわダム

 新川ダムは、沖縄本島北部河川総合開発事業の一環として、洪水調節、流水の正常な機能の推持、水道用水及び工業用水の供給を目的に、新川川(流域面積11.2km2、流路延長6.2km)の河口から約2.5km上流地点に建設した高さ44.5mの重力式コンクリートダムです。

 新川ダムの調査は、本土復帰前の昭和45年度から本土政府のバックアップのもとに、琉球政府により実施されました。

 昭和46年度には実施計画調査の開始、昭和47年5月の本土復帰以降は沖縄総合事務局が事業を引継いで建設事業に着手しました。

 昭和48年度より本体建設に着手し、昭和49年4月に基礎掘削の開始、昭和49年12月にコンクリートの初打設を行い、昭和52年3月に完成しました。

本ダムは、復帰後沖縄総合事務局が最初に完成したコンクリートダムです。

 周辺の自然は手つかずの状態で残され、数多くの野鳥を観察することができます。また、ドライブ途中の休憩地として、駐車場や展望台がよく利用されています。

 

Okinawa General Bureau  North Dam Integrated Control Office