辺野喜ダム

トップ >> やんばるの9ダム >> 辺野喜ダム(伊集の湖)

辺野喜ダム

辺野喜ダム

満天の星が見れるダム      べのきダム

 辺野喜ダムは、沖縄北部河川総合開発事業の一環として、洪水調節、流水の正常な機能の維持、水道用水及び工業用水の供給を目的に、辺野喜川(流域面積13.2km2、流路延長8.0km)の河口から約4.4km上流地点に建設した高さ42mの重力式コンクリートダムと高さ35mのロックフィルダムから成る複合ダムです。

 本ダムは、福地ダム、新川ダム、安波ダム及び普久川ダムとともに東系列5ダムを構成する多目的ダムです。

 辺野喜ダムの調査は、本土復帰前の昭和46年度から日本政府のバックアップのもとに、琉球政府により実施されました。

 昭和47年5月の本土復帰以降は沖縄総合事務局が事業を引き継ぎ、昭和50年度には実施計画調査、昭和53年度には建設事業に着手しました。

 昭和53年度より工事用道路等の建設に着手し、昭和60年3月にフィル部堤体の盛立開始、昭和60年10月より本体コンクリート打設を開始し、昭和61年度に完成しました。

本ダムは全国でも数少ないロックフィルとコンクリートの複合形式のダムです。

 ダム周辺の森にはヤンバルクイナ、ヤンバルテナガコガネ、ノグチゲラ、ケナガネズミなどの天然記念物が生息しています。

Okinawa General Bureau  North Dam Integrated Control Office