管理支所
ダム資料館
芝生広場
多又橋

福地ダム

トップ >> やんばるの8ダム >> 福地ダム(福上湖)

福地ダム福地ダム福地ダム

戦後沖縄の歴史と成長するダム      ふくじダム

 福地ダムは、沖縄北部河川総合開発事業の一環として、洪水調節、流水の正常な機能の維持、水道用水及び工業用水の供給を目的に、福地川(流域面積34.4km2、流路延長16.7km)の河口から約2km上流地点に建設した高さ91.7mのロックフィルダムです。

 福地ダムは、新川ダム、安波ダム、普久川ダム及び辺野喜ダムの東系列5ダムを構成する多目的ダムです。

 福地ダム建設工事は、米国陸軍工兵隊により昭和44年7月に着手されましたが、昭和47年5月の本土復帰に伴い、日本政府に承継され、昭和47年12月に堤体盛立を完了しました。

 その後、基礎岩盤の改良、洪水吐きの増設等の追加工事を施工し、昭和49年12月に完成しました。

 さらに昭和53年度より、沖縄の水需要の増加を予想して再開発工事が行われています。ダム天端を20cm嵩上げし、上下流洪水吐きや取水設備の改良を行い、満水位を2.4m引き上げました。この再開発事業は、平成3年10月に完了しました。

 本ダムは堤高、総貯水容量共に県内最大のダムで、ドラムゲード式の下流洪水吐やサイフォン式の上流洪水吐、ダム管理用水力発電など、特徴的な施設をもつロックフィルムダムです。

福地ダム上流洪水吐

 福地ダムの構造で特に珍しいのは、地形的特徴から直接海に放流が行えるということです。

 大雨が降り貯水池がいっぱいになると、下流の洪水吐から越流を始め、さらに雨が続き水位が上がってくると、上流洪水吐からダムの水を直接海へ放流することができます。

 県道70号線の大泊橋は、福地ダム上流洪水吐の上にあり、高さ100mからの眺めはすばらしく、サンゴ礁とエメラルドグリーンの海にはため息がでるほどです。

福地ダム上流洪水吐

福地ダム日米承記念碑

福地ダム日米継承記念碑

 福地ダムは、もともと琉球列島米国民政府が計画し、昭和44年に米国陸軍工兵隊によって着工されましたが、昭和47年の沖縄の祖国復帰に伴い工事途中で日本政府へ承継されて工事を継続、昭和49年に完成しました。

 この経緯を刻んだ福地ダム日米承継記念碑が建てられています。

 

Okinawa General Bureau  North Dam Integrated Control Office