大保ダム

トップ >> やんばるの9ダム >> 大保ダム

大保ダム

 

ぶながやの森が育むダム       たいほダム
                       ブナキー

 大保ダムは、沖縄北西部河川総合開発事業の一環として、洪水調節、流水の正常な機能の維持、水道用水の供給を目的に、大保川(流域面積23.7km2、幹川流路延長13.25km)の大保大橋より上流約2.9kmの地点に建設された高さ77.5mの重力式コンクリート型式の本ダムと高さ66.0mのロックフィルダム型式の脇ダムで構成されています。

 大保ダムは、本土復帰後の昭和48年から予備調査を開始し、昭和62年には実地計画調査、平成2年6月に建設事業に着手しました。

 平成14年8月には脇ダムの工事に、平成15年3月には本体工事にそれぞれ着手し、平成16年8月に脇ダムの盛立、平成17年3月から本ダムのコンクリート打設を開始し平成23年3月に完成しました。

 平成23年4月より北部ダム統合管理事務所が引き継ぎ、管理を開始しました。

 県内では福地ダムについで2番目に大きいダムです。

 大保ダムは、3つの異なるタイプのダム構造物が貯水池に面して建設されている 全国的にも例を見ないダムです。

展望台
芝生広場
管理庁舎
Okinawa General Bureau  North Dam Integrated Control Office