メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

やんばるのダム

内閣府沖縄総合事務局 北部ダム管理事務所
やんばる9つのダム

安波ダム

安波ダム やんばるの神秘が息づく場所

  安波ダムは、沖縄本島北部河川総合開発事業の一環として、洪水調節、流水の正常な機能の維持、水道用水及び工業用水の供給を目的に、安波川(流域面積42.1km²、流路延長8.5km)の河口から約3.5km上流地点に建設した高さ86.0m、沖縄最大の重力式コンクリートダムです。

  本ダムは、福地ダム、新川ダム、普久川ダム及び辺野書ダムとともに東系列5ダムを構成する多目的ダムです。

  安波ダムの調査は、本土復帰前の昭和45年度から日本政府のバックアップのもとに、琉球政府により実施されました。昭和46年度には実施計画調査の開始、昭和47年5月の本土復帰以降は沖縄総合事務局が事業を引継いで建設事業に着手しました。

  昭和51年度より工事用道路、転流工の建設に着手し、昭和53年4月に基礎掘削を開始、昭和54年10月にコンクリートの初打設を行い、昭和57年3月にに完成、同年4月より管理を開始しました。

  本ダムは県内コンクリートダムで堤高が一番高いダムです。湖畔の上流には展望広場があり、ダムや周辺の山々を見渡せます。またいこいの広場には遊歩道や休憩所があり、水と緑に囲まれてとてもリラックスできます。

ダム諸元等

  • 項目
  • 内容
正式名称
安波ダム(あはダム)
所在地
沖縄県国頭郡国頭村字安波小字川瀬原地先
河川
安波川水系安波川
目的
【F】洪水調節 【N】流水の正常な機能の維持 【W】水道用水 【I】工業用水
型式
【本ダム】重力式コンクリートダム 【脇ダム】ロックフィルダム
堤高
【本ダム】86m 【脇ダム】32m
堤頂長
【本ダム】245m 【脇ダム】80m
堤体積
【本ダム】414,000m³ 【脇ダム】73,500m³
集水面積
22.5km²
貯水池面積
0.83km²
総貯水容量
18,600,000m³
有効貯水容量
17,400,000m³
着手/竣工
S49.1/S58.3
管理
安波ダム管理支所
ダム湖名
クイナ湖 (くいなこ)

安波ダムパンフレット

ダム標準断面図

安波ダム ダム標準断面図

ダム下流面図

安波ダム ダム下流面図

交通アクセス

路線バス

那覇から(20)乗車→名護バスターミナル下車(約2時間半)名護バスターミナルから(67)乗車→辺土名バスターミナル下車(約1時間)

辺土名から村営バス乗車→村営バス(東線)→安波(下車)→徒歩(約50分)4km
※バスの便が少ないので車を利用した方がよい

名護から国道58号を北上し、国頭村与那から県道2号線へ右折。県道70号線につきあたったら右折5分、安波ダム入口標識右折1分

交通アクセス

  • 安波ダム交通マップ

    路線バス

    那覇から(20)乗車→名護バスターミナル下車(約2時間半)名護バスターミナルから(67)乗車→辺土名バスターミナル下車(約1時間)

    辺土名から村営バス乗車→村営バス(東線)→安波(下車)→徒歩(約50分)4km
    ※バスの便が少ないので車を利用した方がよい

    名護から国道58号を北上し、国頭村与那から県道2号線へ右折。県道70号線につきあたったら右折3分、安波ダム入口標識右折2分