メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

やんばるのダム

内閣府沖縄総合事務局 北部ダム管理事務所
やんばる9つのダム

羽地ダム

羽地ダム 地域の風土とともにあゆむダム

  羽地ダムは、沖縄本島河川総合開発事業の一環として、洪水調節、流水の正常な機能の維持、かんがい用水及び水道用水の供給を目的に、羽地大川(流域面積14.8km²、流路延長12.6km)の河口から約3.1km上流地点に建設した高さ66.5mのロックフィルダムです。

  羽地ダムの調査は、本土復帰後の昭和47年5月から予備調査を開始し、昭和51年度より実施計画調査、昭和56年度より建設事業に着手しました。

  平成8年3月には本体工事に着手し、平成17年3月に完成、平成17年4月より北部ダム統合管理事務所が引き継ぎ、管理を開始しました。

ダム諸元等

  • 項目
  • 内容
正式名称
羽地ダム(はねじダム)
所在地
沖縄県名護市羽地字田井等
河川
羽地大川水系羽地大川
目的
【F】洪水調節 【N】流水の正常な機能の維持 【A】特定かんがい用水【W】水道用水
型式
ロックフィルダム
堤高
66.5m
堤頂長
198m
堤体積
1,050,000m³
集水面積
10.9km²
貯水池面積
1.15km²
総貯水容量
19,800,000m³
有効貯水容量
19,200,000m³
着手/竣工
S56.4/H17.3
管理
羽地ダム管理支所
ダム湖名
蔡温あけみお湖

羽地ダムパンフレット(ダム資料室)

アクションファイル(ダムコレクション)

ダム標準断面図

羽地ダム ダム標準断面図

ダム軸縦断面図

羽地ダム ダム軸縦断面図

ダムのみどころ

  • 羽地ダム ダムエアーエネルギーシステム

    ダムエアーエネルギーシステム

    羽地ダムでは、水が高いところから低いところへ流れ落ちる力で水車を回し、空気を圧縮し、それを様々なダム施設へ送気し利用しています。
    これをダムエアーエネルギーシステム(DAS;Dam Air-energySystem)といいます。
     水の落下する力で空気を圧縮し、それをダム施設で利用する技術は羽地ダムが世界で初めてです。
     DASのクリーンエネルギーにより、二酸化炭素が発生しないので地球にとてもやさしい新しい技術です。

  • 羽地ダム またきな大橋

    またきな大橋

    「またきな大橋」は、低い主塔を特徴として桁橋と斜張橋の間を埋める構造的かつ経済的に優れた新形式のエクストラドーズド橋(橋長200m、主塔高26.4m)を採用し、自然環境と景観の調和を図りました。

交通アクセス

  • 羽地ダム 交通マップ

    路線バス

    那覇空港から (111) (117) 乗車 → 名護バスターミナル下車(約1時間半) 名護バスターミナルから(67) (72) に乗車 → 親川入口下車(約25分) → 徒歩約35分(2.0km)

    那覇空港から80km(高速道路利用)