メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

やんばるのダム

内閣府沖縄総合事務局 北部ダム管理事務所
やんばる9つのダム

福地ダム

福地ダム やんばるにそびえる県内最大のみずがめ

  福地ダムは、沖縄北部河川総合開発事業の一環として、洪水調節、流水の正常な機能の維持、水道用水及び工業用水の供給を目的に、福地川(流域面積34.4km²、流路延長16.7km)の河口から約2km上流地点に建設した高さ91.7mのロックフィルダムです。

  福地ダムは、新川ダム、安波ダム、普久川ダム及び辺野喜ダムの東系列5ダムを構成する多目的ダムです。福地ダム建設工事は、米国陸軍工兵隊により昭和44年7月に着手されましたが、昭和47年5月の本土復帰に伴い、日本政府に承継され、昭和47年12月に堤体盛立を完了しました。

  その後、基礎岩盤の改良、洪水吐きの増設等の追加工事を施工し、昭和49年12月に完成、管理を開始しました。

  さらに昭和53年度より、沖縄の水需要の増加を予想して再開発工事が行われています。ダム天端を20cm嵩上げし、上下流洪水吐きや取水設備の改良を行い、満水位を2.4m引き上げました。この再開発事業は、平成3年10月に完了しました。

  本ダムは堤高、総貯水容量共に県内最大のダムで、ドラムゲート式の下流洪水吐やサイフォン式の上流洪水吐、ダム管理用水力発電など、特徴的な施設をもつロックフィルムダムです。

ダム諸元等

  • 項目
  • 内容
正式名称
福地ダム(ふくじだむ)
所在地
沖縄県国頭郡東村字川田1105-108
河川
福地川水系福地川
目的
【F】洪水調節 【N】流水の正常な機能の維持 【W】水道用水 【I】工業用水
型式
ロックフィルダム
堤高
91.7m
堤頂長
260m
堤体積
1,622,400m³
集水面積
32.0km²
貯水池面積
2.54km²
総貯水容量
55,000,000m³
有効貯水容量
52,000,000m³
着手/竣工
S47.5/H3.10
管理
福地ダム管理支所
ダム湖名
福上湖(ふくがみこ)

福地ダムパンフレット

ダム標準断面図

福地ダム ダム標準断面図

ダムのみどころ

  • 福地ダム上流洪水吐及び大泊橋

    福地ダム上流洪水吐及び大泊橋

    福地ダムの構造で特に珍しいのは、地形的特徴から直接海に放流が行えるということです。大雨が降り貯水池がいっぱいになると、下流の洪水吐から越琉を始め、さらに雨が続き水位が上がってくると、上流洪水吐からダムの水を直接海へ放流することができます。

  • 福地ダム 上流洪水吐(サイフォン式洪水吐)

    上流洪水吐(サイフォン式洪水吐)

    上流洪水吐きは福地ダム管理支所から10kmほど離れているため遠隔操作による確実なゲート操作が望まれました。そこで、洪水時に操作・管理を必要とせず日常の維持管理がほとんど不要なサイフォン式の洪水吐きを採用しました。

  • 福地ダム日米承継記念碑

    福地ダム日米承継記念碑

    福地ダムは、もともと琉球列島米国民政府が計画し、昭和44年に米国陸軍工兵隊によって着工されましたが、昭和47年の沖縄の祖国復帰に伴い工事途中で日本政府へ承継されて工事を継続、昭和49年に完成しました。この経緯を刻んだ福地ダム日米承継記念碑が建てられています。

交通アクセス

  • 福地ダム交通マップ

    路線バス

    那覇から(20)乗車→名護バスターミナル下車(約2時間半)名護バスターミナルから(73)に乗車→平良又は川田下車(約1時間)→徒歩40分(3.2km)

    名護から国道58号を北上し、塩屋大橋手前で県道9号へ右折。トンネル2つ抜け、塩屋湾上流に架かる橋を渡り、国道331号を右折。東海岸に出たら、平良交差点を左折し県道70号を北上。花見橋(パイナップルが目印)を左折し、5分。)