メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

やんばるのダム

内閣府沖縄総合事務局 北部ダム管理事務所
やんばる9つのダム

大保ダム

大保ダム 生物多様性に配慮したエコダム

  大保ダムは、沖縄北西部河川総合開発事業の一環として、洪水調節、流水の正常な機能の維持、水道用水の供給を目的に、大保川(流域面積23.7km²、幹川流路延長13.25km)の大保大橋より上流約2.9kmの地点に建設された高さ77.5mの重力式コンクリート型式の本ダムと高さ66.0mのロックフィルダム型式の脇ダムで構成されています。

  大保ダムは、本土復帰後の昭和48年から予備調査を開始し、昭和62年には実地計画調査、平成2年6月に建設事業に着手しました。

  平成14年8月には脇ダムの工事に、平成15年3月には本体工事にそれぞれ着手し、平成16年8月に脇ダムの盛立、平成17年3月から本ダムのコンクリート初打設を行い、平成23年3月に完成し、平成23年4月より、管理を開始しました。

  県内では福地ダムについで2番目に大きいダムです。

  大保ダムは、3つの異なるタイプのダム構造物が貯水池に面して建設されている 全国的にも例を見ないダムです。

ダム諸元等

  • 項目
  • 内容
正式名称
大保ダム(たいほダム)
所在地
沖縄県国頭郡大宜味村
河川
大保川水系大保川
目的
【F】洪水調節 【N】流水の正常な機能の維持 【W】水道用水
型式
【本ダム】重力式コンクリートダム 【脇ダム】ロックフィルダム
堤高
【本ダム】77.5m  【脇ダム】66.0m
堤頂長
【本ダム】363.7m  【脇ダム】445.0m
堤体積
【本ダム】400,000m³  【脇ダム】1,930,000m³
集水面積
13.3km²
貯水池面積
0.89km²
総貯水容量
20,050,000m³
有効貯水容量
19,350,000m³
着手/竣工
H2.6/H23.3
管理
大保ダム管理支所
ダム湖名
ぶながや湖

大保ダムパンフレット

ダム標準断面図

大保ダム ダム標準断面図

本ダム下流面図

大保ダム 本ダム下流面図

脇ダム標準断面図

大保ダム 脇ダム標準断面図

交通アクセス

  • 大保ダム 交通マップ

    路線バス

    路線バス(名護十字路)→(73番)→第三宇出那覇バス停下車→徒歩約20分(約1.3km)

    名護から国道58号を北上し、宮城橋手前、県道9号線へ右折。国道331号の案内標識を左折し、2分