開発建設部

用地補償の流れ

1.事業計画説明会

道路をつくる目的や計画の内容について説明を致します。

2.土地の測量

土地所有者や隣接地所有者の立ち会いのもとで、測量を行い取得する面積を確定致します。

3.用地説明会

土地や建物、立竹木などについて調査の方法及び補償内容について説明いたします。

4.建物・工作物・立竹木等の調査

建物や工作物、立竹木等は所有者ごとにその種類、構造、数量等について調査いたします。

5.補償額の算定

土地の価格、建物、工作物などの補償額は国が定めた「補償基準」に基づいて適正かつ公平に算定いたします。

6.協議

算定した補償金額を提示し、補償内容をご理解いただけるよう、所有者及び関係者の方々に個別に説明いたします。

7.契約

用地協議が整いますと、土地建物の所有者及び関係者の方々と個別に契約いたします。

よく読まれたうえ、署名、捺印お願い致します。

必要書類等:
印鑑証明、実印等

8.補償額の支払い

契約をいただいた補償金は一定要件を満たせば、前金として70%以内の額をお支払いすることが出来ます。

※必要要件
 1.登記に必要な書類が提出されていること
 2.抵当権などの他権利が抹消されていること

9.土地移転登記、物件移転

譲っていただいた土地は、土地所有者等関係者の方々に必要書類を提出していただき、当事務所で登記を行います。建物等物件の移転については各人で行っていただきます。

10.補償金の完了払い

所有者による建物等物件の移転が完了した後、起業者による移転完了等の確認が行われ、土地の引渡が完了すると後金が支払われます。

11.確定申告

当事務所から確定申告に添付する書類をお送りします。所有者の方々には納税地の税務署で、申告を行っていただきます。

 このページのトップへ戻る